全国の優良ブリーダーの子犬を販売するペットショップ:ドギープラネット

Home > 犬の問題行動と対処:無駄吠え

犬の問題行動と対処:無駄吠え

 犬が吠える行為は、人間にとって無駄吠えであっても犬にとっては意味があるものです。 犬が吠える理由は、警戒心からくる警告吠えや遊んで欲しい、おやつが欲しいなどの要求吠えです。

 躾け基本は「一切の要求を断ち切ること」とも言われています。 犬は要求する立場になく、飼い主に従うものと言うことです。 見方によってはかわいそうなことかもしれません。 本来集団行動のなかで生活する犬には主従関係があります。 下位の者は要求する立場になく、上位の者に従うことは当然ですから、当たり前のことでありかわいそうだと言うことはないのです。

 無駄吠えをする犬は、人間との接触も制限され(敬遠され)、かわいそうな立場になってしまいます。 また、近所迷惑にもなりますので止めさせたい行為です。




無駄吠えの原因


 犬が吠える理由は、警戒心からくる警告吠えや遊んで欲しい、おやつが欲しいなどの要求吠えで、必然な行為です。




無駄吠えの対処


 犬が吠える理由(原因)により対処方法は異なります。 まずは、犬がなぜ吠えるのか飼い主が理解してください。(難しい話ではありません)

■恐怖心・警戒心から吠えるケース
 外出時、車・バイクの騒音や救急車のサイレンに反応し吠える、 インターホンや来客に反応して吠えるケースです。

 恐怖心や警戒心からくるものですので、安心させてあげることが重要です。 「大丈夫。安心して。」と優しくなだめてあげましょう。

 どうしても無駄吠えが直らない場合は、無駄吠えしたら躾け用のチョーカーでショックを与えたり、 無駄吠え防止グッズ(バイブなど)を利用し、抑止してください。
その際、鳴き止んだら必ず「褒める・安心させる」ため声を掛けたり、撫ぜてあげてください。

※このケースにおいて「分離不安症」など、精神的な病の可能性がある場合には、獣医師にご相談ください。


■要求吠え
 遊んで欲しい、おやつが欲しいなどの要求するケースです。

 ケージに入れ無視をするか、部屋に独りぼっちにして完全無視してください。 これを繰り返すことで、ほとんどの場合直ります。



犬の問題行動と対処
食糞 甘咬み 無駄吠え


お問い合わせお問い合わせ

Home > 犬の問題行動と対処:無駄吠え